カフェ

カフェの学校と今後の動向について

カフェの学校の今後

喫茶店やカフェは今ではサラリーマン勤務を終えた方が個人で始めたり、若者が若いうちからお店をはじめたりする一般的な職業の場になっており、バリスタやカフェ経営について真剣に学んでいる人が増えています。そんな中で、カフェの学校は需要が益々増えており、カフェ独特の経営の仕方や食品衛生などを考慮して専門知識が学べるようになっています。 学校だけでは学べることが少ないですが、今後は学校系列のお店で実地で経験を積むこともできるようになると考えられ、より経験的なスキルを身につけられるようになるでしょう。学校では知識だけではなく、コーヒーの入れ方やカップの洗い方、接客のコツなども教わるので、実際の現場で役に立つ事を学べます。

今後気をつける点

カフェ関係のスクールが増えてきており、ただ単純にスクールビジネスのために参入している事業も多くなっています。資格を取得する場合にはコーヒーの専門資格であるインストラクターやマイスターを目指したほうが箔が付きます。 学校を卒業しただけではカフェのマスターを長年やっている人には敵わないので、しっかり下積みから初めて経験を積んでいきましょう。地域での人気や珈琲の味を守る工夫、お店の魅力や他店との差異化など学校で学ぶことが全てではなく、実際はもっと大変な現実が待っているので少しでも現場で学べるように積極的に行動しましょう。安易なスクールではお金だけが無駄になって、学べることはほとんど無いのでよく工夫して学習する場所も選ぶようにしましょう。